kaigonoosigotoの日記

都内の高齢者施設にて施設長をやっています。若者の視点から現代の高齢者施設に切り込みます。

介護士のやりがいってなんだろう?を考える

f:id:akirog:20180528193730j:plain

仕事は生活するためにお金を稼ぐ手段といえます。しかし、それだけではなく、仕事にやりがいや生きる意味を求めることも重要なことです。今回は介護士を目指す人や現役介護士が福祉業界でのやりがいを発見してもらえるように記事を作成してみました。僕は介護士が転職だと思っています。大変なことはもちろんありますが、何より高齢者から力をもらっています。それでは介護士としてのやりがいを見ていきます。

 

◆.1感謝してもらえる!

◆.2利用者が良くなる姿が見れる!

◆.3人生経験豊富な方の話が聞ける!

 

◆.1感謝してもらえる!

よく言われるやりがいは、自分が介護したことに対して、直接的に「ありがとう」と言ってもらえることです。人は必要とされた時に幸せや充実感を感じるものです。介護士はまさにその思いを満たしやすい職業なのです。高齢者は自力で生活することができない人も多く、何らかのサポートを必要としています。そこに介護士が様々サポートに入るわけですから、高齢者は感謝の気持ちを持ち、そのように接してくれるのです。もちろん、全ての高齢者がこのような方ではないですが、実際に感謝の気持ちを伝えて下さる方も多いです。僕もありがとうの言葉で何度も力をもらいました。やはり、人から「ありがとう」と言われるのは嬉しいものです。

うちの施設で介護士として勤務している方で、高齢者から命の恩人のように感謝されることが多く、人からここまで感謝されるのは他の職業では有り得ないことだと思って、介護士としての道を決めたと聞きました。

 

◆.2利用者が良くなる姿が見れる!

利用者の中には施設に入所することで元気になる方もいて、そのような変化を見ることもとても嬉しく感じます。正直、施設に入る方は家族が見切れないなどの問題があり、家族から迷惑がられている場合も少なからずあるのです。家では冷遇されたいた方も施設では遠慮する必要はありません。施設に慣れるに従って、自己表現ができるようになり、毎日の施設生活を楽しんでいらっしゃる方もたくさんいます。入所当初は元気がなかった方も次第に元気になり、笑顔が増えていく様子を見るのは大変うれしく、やる気につながります。人を笑顔にできる仕事について良かったなと思う瞬間です。

 

◆.3人生経験豊富な方の話が聞ける!

介護士を続けていく上でのやりがいは、「◆.1の感謝してもらえる」が圧倒的に多いと思います。それ以外という意味では、やはり人生の大先輩からいろいろな話が聞けるということでしょうか。多くの人が思っているかは分かりませんが、少なくとも僕はそう思っていますし、高齢者の方の話が楽しいです。戦争や戦後の焼け野原の話、高度経済成長や人によっては海外を飛び回って仕事をしていた話など興味深い話ばかりです。一人一人の過去の出来事を教えてもらえることで、その人に愛着も感じますし、もっと介護業務を頑張ろうと思えます。僕が施設長になって2年ほど経ちますが、正直、事務作業や会議、来客対応などに追われ、現場業務をがっつりすることはなくなってきています。それでも、一日1,2時間は現場に入るようにしています。それに急な人手不足で夜勤対応をすることもあります。なるべく、高齢者のそばにいることで、現場の声を吸い上げたいと思っていますし、現場の介護士と認識のズレが起こらないように努めています(まだまだ力不足です・・・)

 

働くやりがいは、介護士の数だけ存在すると思います。僕は介護士の仕事が楽しいので、勤務中にたくさんの楽しいことや嬉しいことがあります。それら全てがやりがいになっています。仕事は楽しいことばかりではないですが、高齢者と関わることにやりがいを感じているならば、どんなに辛いことでも乗り越えることができます。仕事はお金を稼ぐ手段でもありますが、やりがいをもって仕事を行なった時にお金では得られないものを得ることができるのだなぁと思います。ぜひ、自分だけのやりがいを見つけてみて下さい。