kaigonoosigotoの日記

都内の高齢者施設にて施設長をやっています。若者の視点から現代の高齢者施設に切り込みます。

介護士として働く上で注意すべき6つのこと

f:id:akirog:20180527090835j:plain

初めて社会人となった人は、どのようなことに注意して勤務すれば良いのでしょうか。ましてや介護士の場合は命を預かる重要な仕事です。特に気合を入れて仕事に臨まなければなりません。そこで今回は、介護士として勤務する上で注意すべきことを6つにまとめてみました。これだけは抑えておきたいということをまとめましたので、きっと皆様のお役に立てる内容だと思います。

 

介護士として働く上で注意すべきこと

◆1.礼儀

◆2.先輩の話はメモをとり、不明点はすぐに確認する

◆3.介護の基本は利用者との関係性

◆4.健康管理

◆5.身体(特に腰)の使い方に注意

◆6.職員との関係性

 

 

介護士として働く上で注意すべきこと

◆1.礼儀

どんな仕事でもこれは一緒です。礼儀正しさは備えていなければならない必須項目です。仕事だけではなく、学校でもそうだったでしょうし、友人同士やアルバイト先でも同様です。基本の挨拶は必ず行ないましょう。新人らしく明るく元気に、「おはようございます」「お疲れ様です」と挨拶します。無理して大声で言う必要はないですから、丁寧に挨拶しましょう。先輩や利用者さんにも挨拶し、自分を覚えてもらいましょう。

 

◆2.メモとペンを随時持ち歩く

新人として働くのでしたら、必ず先輩介護士があなたを指導してくれます。先輩が教えてくれることは業務の基本ですし、介護の基本です。言われたことを忘れないように必ずメモしましょう。メモできない状況の場合は休憩時に思い出してメモをするようにしましょう。また、書く必要がないと思う時でもメモとペンを出して、誠実に話を聞いている姿勢を表しましょう。先輩はあなたが業務説明をしっかり聞いているかを気にしています。その点、メモとペンを持って、聞いているならばしっかり話を聞いてくれていると思って、安心して説明することができます。これは一生使える、社会人スキルなのでどんどん活用しましょう。

 

◆3.介護の基本は利用者との関係性

介護士の仕事は利用者の生活をサポートすることです。そのためには利用者から信頼をしてもらわなければなりません。介護をしようとすると拒否をされることもあります。その時のためにもまず信頼関係を築き、自分を覚えてもらわなければなりません。挨拶から入り、その後世間話ができるようにし、名前と顔を覚えてもらうようにしましょう。また、先輩から利用者ごとに病歴や特徴を教えてもらえるでしょうから、利用者ごとに必要な対応方法を学んでいきます。利用者とのコミュニケーションは介護の基本です。

 

◆4.健康管理

これは社会人としての基本です。夜はなるべく早く寝て、出勤時間に合わせて余裕を持って起床します。遅刻は信頼を失ってしまうものですから、もっての他です。健康管理は社会人として必須ですから、自己管理を徹底し、風邪なども引かないように努めることが大事です。具体的には日頃から運動をする、バランスの良い食事をとる、手洗いうがいを徹底するなどです。

介護士になるとシフト制で勤務するため、早番や遅番、夜勤と様々な時間帯の勤務をこなさなければなりません。そのため、体調も崩しやすく、より自己管理が重要になってきます。

 

◆5.身体(特に腰)の使い方に注意

介護士は腰痛を抱えている人も多く、職業病となっています。しかし、腰の痛みや介護技術である程度カバーすることができます。技術がない新人のうちはつい力で利用者を動かしてしまいがちです。最初は良いですが、しばらくすると腰に鈍い痛みが走るようになります。身体の大きい男性利用者を女性介護士が移乗介護をすることだってあります。しっかりとした技術と身体の動かし方を知っていれば、自身の腰を痛めることなく行うことだってできます。一度、腰痛になると長引く可能性もありますから、要注意です。

 

◆6.職員との関係性

転職する理由で常に上位に占めているのが、人間関係です。仕事を長く続ける上では同僚との人間関係が大切です。どうせ働くなら楽しく働きたいですよね。うちの施設は良い方ですが、知り合いの施設では職員同士で派閥があり、いがみあったりしているようです。人間関係が悪く、離職率が極めて高い施設もあります。全てがそんな施設ばかりではありませんが、やはり先輩、同僚介護士との関係は大切にしたいものです。介護業界において、男性は割と仲良くやっている施設が多いですが、女性はどこの施設、業界でもいがみあったりしやすいようです(そうじゃない職場もたくさんあるとは思いますが)。職場の人間関係で失敗しないためにも、上記5つのことを守ってしっかり職場に貢献していればそうそう悪くはならないんじゃないかなと思います(どうでしょう~汗)

 

介護というのは大変な仕事でもありますが、やりがいは強いと思っています。向き不向きもありますが、直接的に人から「ありがとう」と感謝されると、介護士になって良かったなぁと思えます。ぜひ、一緒に介護業界を盛り上げられるように頑張っていきましょう!